債務整理と給与差し押さえの解決方法






[PR]



2009年01月20日(Tue)
債務整理と給与差し押さえの解決方法
『債務整理と給与差し押さえ』のページにご訪問ありがとうございます。今まで読んだ『債務整理と給与差し押さえ』の中で1番びっくりするような内容です。 では早速と見つけにいきましょう。

自己破産と個人版民事再生の手続き開始決定が下りたら、給与の差し押さえを行うことができません。そのため、このような手続きの際、開始決定が下るのが早いか、ファイナンス業者の給与差し押さえ手続きが早いか、どちらが先かという時間の争いになります。ファイナンス業者は、借金の返済を不払いだった際、債務者の資産を差し押さえることで、金銭を回収していくという方策をとります。差し押さえられる資産の1つに、「給与」があります。

給料が差し押さえられてしまうのではと、債務整理手続きをするのを不安になる人も多いと思います。基本的に、債務整理の手続きと給与の差し押さえには、なんら直接関係はありません。債務整理手続きを行ったからといって、直ぐに給与を差し押さえることはファイナンス業者には、できるわけではないのです。

何が起きるか考えて見ましょう、返済がもたついたといって、ファイナンス業者は、わがままに給与を差し押さえられるわけではありません。給与を差し押さえるには、まずもって法廷に訴えを起こし勝訴の判決をもらって、そして裁判所から「債権差押命令」を発せられる必要があります。債権差押命令が下されて初めて、ファイナンス業者は、債務者の給与を差し押さえることが可能になるのです。

最も重要なのは、自己破産の相談を弁護士や司法書士にする前に、もうすでに訴訟を起こしており、当該訴訟手続きが進行しているケースや、公正証書を作成されている際は、注意が十分に必要です。この時は、なんの前触れもなくいきなり給料を差し押さえられるなどして、強制執行をされる危険性をはらんでいるので、至急に弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。


ブライダルエステ

メンズエステ

性感染症のあまり知られていない真実

口腔ケアで口臭予防

多重債務を解決する方法&多重債務からの脱出

ジュエリー・サンスパングル